還暦の誕生日プレゼントの赤の由来

還暦のお誕生日には赤いものをプレゼントするという習慣を耳にしたことがあるかと思います。今は寿命が延びていることもあり、還暦でもうすぐ死んでしまう、という人も少ないかと思いますが、60歳は干支がちょうど一周することから、産まれたときに還るという意味もあるのだそうです。特別な誕生日プレゼントを渡したいものですね。


誕生日プレゼントの赤は魔除けの色

赤は昔から、魔除けの色と言われています。つまり、病気やけがなど、恐ろしいものを遠ざけるという意味があるのです。赤い羽織や下着というのは、いつも身に着けることができるものでもありますから、還暦に魔除けのものをあげるという考え方でしょう。誕生日プレゼントであれば、赤いお花や、今は普段着用しやすいシャツなどを渡す人が多いそうです。


お酒が好きな人にはメッセージ入りの瓶も

もしお酒が好きな人であれば、メッセージをいれることのできるお酒などはどうでしょうか?ビンに彫刻をしてくれるので、中身を楽しんだ後も飾ることができます。また名前も掘ることができるので、この世に一個しかない酒瓶になります。ワインや日本酒、焼酎などが販売されているそうですから、好みのお酒を選ぶこともできますね。